[PC] HP Stream 11にxubuntuを入れて、AirPlayServerに接続しました


ついでに最近もう1台、HPの11インチのノートPCであるStream11も買ったんですが
Windows8がクソすぎ+このPCじゃ重すぎて使い物にならなかったので、Xubuntuを入れたんですが
どうせならXubuntu上からAirplayサーバーに音声出力できないかなーと思いながら、
色々試してどうにかうまく行ったのでメモ。しかしこれAirPlayで接続されてるのかな…

HP Stream11を初期設定していきます

まず最初に、色々と1ヶ月ほど試行錯誤したんですが、どうもHP Stream11に標準搭載されている
Bluetoothと、wi-fi(どちらもRealtek製)が、Ubuntu OSとはあまり相性が良くないのか
色んなサイトにかかれているドライバなどを入れても接続が安定しないので、
無効化し、手元にあったUSBのWi-fiアダプタ(BUFFALO製品ですがチップはRalinkのもの)を挿したところ
標準のWi-fiとは比べ物にならないくらい安定したので、惜しいですがUSBのwi-fiを使うことにしました。

まずapt-getを最新の状態にします。ついでにVimを入れます。Vimは任意です。

次に内臓のWifiを無効にします。※手元に別のwifiデバイスがない場合は、これは実施しないでください。

でブラックリストを開いて、

2行追記しました。rtlwifiは他ページで書かれていたドライバを入れている場合のみだと思います。
ともかくこれで内蔵のWLANを無効にしておきます(どっちがどっちかわからなくなっても嫌だしね)
あとは適当に無線LANの設定なり、ブラウザの設定なり、mozcを入れたりしておきます。

Raop2で音声を飛ばす手段を構築していく

色々と調べまわって実際にOSに入れまくったりして試したんですが、
Pulseaudio-raopの2じゃないバージョンだとAirPlayサーバーこそ認識するのですが
音声を飛ばせない(出力デバイスに選択できない)などの問題がありました。
深く調べていくと、Raopのバージョン2があるっぽいので、これを入れて試してみます。
こういう時英語が読めないから手探りばっかりでツライ…

インストールしたら起動してみる

起動しないので

でモジュールを読み込ませて、

で2つのファイルの最終行に

を追記して保存。

PulseAudioのコンフィグファイルを開き

#start on runlevel [2345] ←この行のコメントアウトを解除

exec /usr/local/bin/pulseaudio –system –daemonize –high-priority –log-target=syslog –disallow-exit –disallow-module-loading=$DISALLOW_MODULE_LOADING $PULSEAUDIO_ARGS
↑/usr/bin/pulseaudio を /usr/local/bin/pulseaudio へ 修正して保存

更に別の設定ファイルを開き、autospawn = no を追記して保存

sudo chmod 755 /usr/local/var/lib で権限を追加

ここでサーバーを再起動してみます。

再起動後

で、起動を確認して、プロセスがあればこれでOK。

サウンド設定のところでブラウザか何かで音を鳴らしてみると
以下のような感じでAirplayサーバーが選択できれば成功
20050804_001

コメントを残す